IT・プログラム系の職務経歴書の書き方:転職サイト~履歴書の書き方

IT・プログラム系の職務経歴書の書き方:転職を考えるあなたのための転職サイトです。転職するにあたっていちばんのネックは履歴書の書き方です。その他にも転職に関する情報を豊富にそろえました。「転職サイト~履歴書の書き方」はあなたの転職を応援いたします。

トップページ > 職業別職務経歴書の書き方 >> IT・プログラム系の職務経歴書の書き方

スポンサードリンク

IT・プログラム系の職務経歴書の書き方

経験をまとめるのが大切です。
ただ、まとめ過ぎでシンプルになり過ぎ、
何をしていたかわかりにくいようにならない事です。

経験年数
経験コンピュータ
経験OS(名称、バージョンなど)
経験プログラム開発言語(名称、バージョンなど)
経験データベース(名称、バージョンなど)
経験環境(ネットワーク有無、データベース有無など)
経験職務(プログラマ、プログラム設計、プログラム分析か、
プログラム管理か、対外的職務有無など)
経験規模(開発体制、期間など)
経験業種、業態
経験対象業務(業種、業態を具体的に。)
前職収入、年収、報酬などを書くといいでしょう。

例え職務経歴の中に採用側が求める項目がなくても、
経歴を応用させて取り組める事もあります。
面接ではその辺をアピールしましょう。

関連カテゴリー: 職業別職務経歴書の書き方

職業別職務経歴書の書き方関連エントリー

転職回数が多い場合の職務経歴書 / 営業の職務経歴書の書き方① / 営業の職務経歴書の書き方② / IT・プログラム系の職務経歴書の書き方 /